ネットビジネス

【デジタル権利収入】白沢式のビヨンドは副業詐欺か | 真相・口コミ

【デジタル権利収入】白沢式のビヨンドは副業詐欺か | 真相・口コミ
この記事でわかる事
  • デジタル権利収入と謳う副業「ビヨンド」とは何か
  • 提唱者の白沢式とは何者?
  • デジタル権利収入・ビヨンドの仕事内容、怪しいYouTube広告なのか

こんにちは、サトルです。

今回はデジタル権利収入と謳う副業、「ビヨンド」について詳しく掘り下げて解説します。

紛らわしいですが、本記事では以降「デジタル権利収入(ビヨンド)」と表記し進めさせていただきますので予めご了承ください。

このデジタル権利収入(ビヨンド)はYouTube広告が盛んで、YouTube視聴中に知ったという方が多いようですね。

サトル
サトル
怪しい副業広告が流れてきたと、私に報告・相談も多数頂き今回解説するに至りました

デジタル権利収入(ビヨンド)とは何なのか、その発案者とされる「白沢式」とは何者なのか。

本当に利益が出て稼げる副業・投資であれば良いですが、万が一詐欺であった場合思わぬ金銭トラブルに巻き込まれる危険性もありますので、デジタル権利収入(ビヨンド)に興味をお持ちであった方はぜひこの記事を参考にされてください。

サトルを友達追加する

デジタル権利収入(ビヨンド)とは

デジタル権利収入(ビヨンド)は、「新興市場の特需による新しい仕組み」を利用し「毎月30万円」を得るための権利を確保することを目的とした副業案件です。

権利収入とは、文字通り自分が持っている権利に基づいて得ることが可能な収入を指し、不労所得とも言われますね。不動産収入、株の配当、本の印税などが該当します。

【デジタル権利収入】白沢式のビヨンドは副業詐欺か | 真相・口コミ

上記画像の通り、副業としては理想的な条件が揃っていると見る限りは思えますね。

【デジタル権利収入】白沢式のビヨンドは副業詐欺か | 真相・口コミ

次項目で、デジタル権利収入(ビヨンド)の仕事内容の実態はお話しますが、まず公式LPに書かれている内容をこのまま触れさせていただくと、マルチやMLMでもないとのこと。

ビヨンドのLPから抜粋
  • FX・仮想通貨ではない
  • 自動売買や投資ではない
  • アフィリエイトではない
  • YouTubeや物販でもない

触りとしてはこのようなところですが、現状では必要となる費用もそうですし、権利収入の具体性が書かれていないように思えます。

公式の情報だけではわからない部分を次項から踏み込んでいきましょう。

デジタル権利収入(ビヨンド)が副業詐欺かの検証結果

デジタル権利収入(ビヨンド)の権利収入は、要約すると「Amazonで電子書籍を出版して印税を得る」というビジネスモデルです。

ビジネスモデル

執筆者をクラウドソーシングで探し格安で依頼(代筆)、次々とAmazonにて出版→コストと手間が抑えられているので利益率の良い権利収入発生

「新興市場の特需による新しい仕組み」と謳われた割にはシンプルなテーマですね。

さてこの権利収入を得る手段自体は一旦さておき、ここに発生する初期費用についてお話しますが、まずデジタル権利収入(ビヨンド)を始める際に「KBP(Kindle Book Publish)」というノウハウを教えてくれるスクールに加入する必要があります。

料金は498,000円で、期間は1年間です。

更にその間、他のビジネスやサポートの話も行われるので場合によって追加で費用が発生するケースもあり得ると思います。と言うのも、今回のデジタル権利収入(ビヨンド)を発案したとする「白沢式」はこれまで複数の投資や副業案件をリリースしてきており、費用の追加請求に関しては実例が確認できているためです。

そもそも今回のデジタル権利収入(ビヨンド)も「ロイヤルシステム(Royal System)」という白沢式が発案者の副業の焼き直しであり、ロイヤルシステムの評判が落ちて来た事により名前を変えてリリースされたものがデジタル権利収入(ビヨンド)というわけですね。

【デジタル権利収入】白沢式のビヨンドは副業詐欺か | 真相・口コミ

評判が落ちて来た事により、と書きましたが結局は利益を出せない人が多いというのがロイヤルシステムおよびビヨンドの現実ということです。

出版は立派なビジネスとなり得る話ですが、買い手がいなければ当然利益はでません。

もちろんどのようなものを出版すれば売れやすいのかなど、マニュアル化はされているとは思いますが、結局ビヨンド参加者全員が競合・ライバルとなるわけですので、利益は取り合いとなる構図は避けられません。

ましてや初期費用(スクール費用)も決して安い金額ではなく、コストを抑えるとはいえ出版するに伴って随時発生する費用…そこに相応のリスクがあるとどうしても考えざるを得ませんね。

一旦の結論とさせていただきますが、上記の理由から私個人としては「デジタル権利収入(ビヨンド)」および「白沢式の発案するビジネス」の利用はおすすめできません。

デジタル権利収入(ビヨンド)が詐欺かどうか、を突き詰めたいわけでもないですしそのつもりもありません。場合によっては利益を得る方もいらっしゃると思いますし、そこは各個人の判断になると思います。私はリスクとリターン、そして評判など総合し、自分が利用するにしても第三者におすすめするにしても、厳しいかなと判断したに過ぎません。

ここでお話したことも情報のひとつに過ぎませんので、どのように受け止められるのか各々にお任せします。が、大切なお金を預けるに見合う内容かはぜひとも考えていただきたいです。

ビヨンドに対する結論はでましたが、この結論を出すまでに調査した内容を引き続き紹介していきますね。興味をお持ちの方はこのまま読み進めて頂ければ幸いです。

白沢式を掘り下げる

まずは今一度デジタル権利収入(ビヨンド)の発案者、白沢式について詳しく確認してみましょう。

【デジタル権利収入】白沢式のビヨンドは副業詐欺か | 真相・口コミ

公式のLPに記載されているプロフィールは以下です。

  • 1989年山口県生まれ
  • 早稲田大学卒 在学中に起業
  • 年商3億円を達成
  • セミナーや指導を多数開催
  • 3000億円の新興市場で権利収入を確立

上記の真偽はさておき、「セミナーや指導を多数開催」が示す通り、今回のデジタル権利収入(ビヨンド)のように「稼げる話」をいくつもパッケージとしてリリースされてきました。

ビジネス代表例
  • ロイヤルシステム(Royal System)/白沢色 名義
  • S-Tream(ストリーム)/白沢世織 名義
  • 最先端スマホビジネスKBP/白沢よしゆき 名義

注意点としては名義が定期的に変更されている事です。

偽名…と表現すれば言い方も失礼ですが、常に名乗っていらっしゃる名前が本名でない事は確定ですね。

【デジタル権利収入】白沢式のビヨンドは副業詐欺か | 真相・口コミ

上の画像が「よしゆき」で下の画像が「よしき」になっています。

【デジタル権利収入】白沢式のビヨンドは副業詐欺か | 真相・口コミ

しかも「最先端スマホビジネスKBP」などは、今回のビヨンドで紹介されるスクールもKBPである事からも全く同じ副業である事がわかります。ロイヤルシステムも先述した通り同じですし、結局は同一の案件を言い回しを変えることで新規案件として売り出している、という事が結論でしょう。

正直、白沢式の名前を調べても詐欺・騙されたなどの声も多く、白沢式絡みの副業やビジネスはどれも参加は控えた方が良いですし、コロコロ名前が変わっている点も注意しつつ副業を探されてください。

デジタル権利収入(ビヨンド)の特商法・運営会社

デジタル権利収入(ビヨンド)の特商法・運営会社について情報を見ていきましょう。

運営会社株式会社フロンティア
運営責任者山口 隆
住所東京都豊島区池袋3-34-7 ビジネスパーク池袋2F

これは私の調べ方が悪いのかも知れませんが、株式会社フロンティアで同責任者+同住所で一致する法人情報が確認できませんでした。(法人のHPなどをご存じの方はぜひ情報共有をお願いしたいです)

証拠がないのであくまで可能性として書きますが、もし仮に登記されていない法人の場合、法律上問題がある事もそうなのですが、何かトラブルが発生しても連絡がとれなかったり、責任を取ってもらえない可能性が高いです。

サトル
サトル
法人情報もですが、住所も癖があります…

住所である「東京都豊島区池袋3-34-7 ビジネスパーク池袋2階」はバーチャルオフィスです。

東京都豊島区池袋3-34-7 ビジネスパーク池袋2階

バーチャルオフィスとは運営実態をそこに置かず、法人の登記を行うため用に住所を借りたり、時間単位で作業スペースを借りれたりするものですが、一般的に考えてデジタル権利収入(ビヨンド)の運営チームはこの住所には不在でしょう。

もちろんバーチャルオフィスは認められた制度ですので、住所として使う分には問題は一切ないのですが、偶然か何か関係があるかわからないものの…このバーチャルオフィスは情報商材の販売会社や、詐欺まがいの行為を行い業者が良く利用しているという話があり、事実口コミも荒れていますし、逮捕者も出ているほか、金融庁からの指摘もあります。

東京都豊島区池袋3-34-7 ビジネスパーク池袋2階 東京都豊島区池袋3-34-7 ビジネスパーク池袋2階 東京都豊島区池袋3-34-7 ビジネスパーク池袋2階

先述の通り偶然かも知れませんが、あまり近づきたくはない印象を持ってしまいますね。

登記が確認できない以上、様々な事について断言できないものの、あまり印象は良くない結果となりました。

あとは規約として定めらている以下の内容にも注意が必要です。

ご案内方法
お申し込み後、LINE公式アカウントにてご案内をいたします。

個人情報の取り扱いについて
取得した個人情報は許可なく第三者に開示いたしません。

表現、及び商品に関する注意書き
本キャンペーンに示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではありません。

書かれている内容は至極当り前のことで、それ自体は全く問題はないのですが、ビヨンドの場合勧誘の途中で「参加された方全員が利益を得ている」かのような表現がいくつか見られました。

ただそれは現実的にあり得ませんし、再現性を保証するものではない=稼げない場合もあると、規約にもしっかり明記されているので、そのあたりはしっかり認識しておきましょう。

デジタル権利収入(ビヨンド)のLINE配信内容

デジタル権利収入(ビヨンド)の情報すべては公式のLINEアカウントにて配信が行われますので、検証のためまずはLINEにて友達登録を行ってみます。アカウント名は「<BY>-白沢」となっていますね。

【デジタル権利収入】白沢式のビヨンドは副業詐欺か | 真相・口コミ

登録してすぐ続々と情報が配信され、テキスト・動画にてビジネスの説明が行われます。

【デジタル権利収入】白沢式のビヨンドは副業詐欺か | 真相・口コミ

最初にアンケートが送られてきて、回答(タップ)をするたびに「ポイント」を取得できるなど、ゲーム感覚で副業への適正など見極めているかのような演出がされるのですが、これはすべて予め自動配信設定で組まれているもので、どの回答を選んでも行く着く先は1つ「ビヨンドのセミナー」です。

セミナーに参加するまで、一切ビジネスモデルについては触れられず「稼げる」事を繰り返し伝えられます。(これはかなり不親切だとおもいます)

初期費用の矛盾?

セミナーを受ける事で、ビヨンドというビジネスモデルや初期費用が開示されます。

この記事の冒頭でも触れましたが、権利収入を得るための仕掛けとは電子書籍の出版で、購入された分の印税収入を狙うというもの。

初期費用はスクール代にて498,000円、期間は1年間。

しかしLP上では初期費用は発生しないと書かれてましたよね、これは矛盾が生じると思います。

捉え方によってはビジネスへの費用と、それを学ぶための費用は別物…とも言えますが、それは発言者にあまりに都合が良すぎるもので、顧客側に不利な内容ですよね。

デジタル権利収入(ビヨンド)の口コミ・評判

デジタル権利収入(ビヨンド)の口コミや評価を見ていきましょう。

口コミは多数見受けられるのですが、その多くは酷評で稼げたという事は残念ながら見つけることができていません。全部を掲載していては膨大な量になるので一部だけですが、具体的な書き込みを掲載します。

sir********さん
2021/10/28 16:48 1回答
質問です。
最近、バナー広告などでよく「権利収入の獲得で人生を豊かに!」と言ったニュアンスで白沢式さんと言う方が立ち上げたビヨンド(B-Yond)と言うセミナー?が紹介されてるのですがこれは実際のところ、お金を払ってしまったらダメなただの詐欺案件でしょうか?

ネットで検索してみても取り上げているのは同じく怪しい副業サイトだけで単純に足の引っ張り合いをしているだけなような感じがしてよく分かりませんでした。

ベストアンサー
hit********さん
ビヨンドに関わっていた人物が以前やっていたのが
「Amazonで電子書籍を出版して印税収入を得ましょうという内容」だったそうで、
執筆者をクラウドソーシングで探して依頼、
PDF20ページの依頼をするので、激安で依頼が可能
という話で
権利収入を得ましょうってことなのかなと思います。

ノウハウを教えてくれるスクール「KBP(Kindle Book Publish)」は498,000円、期間は1年間。

特定商取引法に基づく表記に電話番号が無し。

おっしゃるとおり、副業の情報サイトは最終的に自分の副業に誘導するものばかりで信用なりませんが、
批判的な意見についてはもっともなことを書いているので、
どうしてそこが信用できないのか、という情報は参考にして言いと思います。

個人的には、
お金を払うまで仕事の内容がわからないものは手を出さないことをおすすめします。

引用元:Yahoo!ファイナンス – 質問です。

この記事の内容とも重複する部分もありますが、その裏付けともとれる内容として「料金」や「ビジネスモデル」についても記載されていますね。

これを言わばいち意見にしか過ぎませんし、これをもってデジタル権利収入(ビヨンド)を決めつけるわけでは一切ありません。ただ汲み取れる部分もありますね。

怪しいYouTube広告が目立つ

YouTune広告では近年怪しい副業情報が多数でています。

デジタル権利収入もそうですし、「白沢式」発の案件はどれもYouTubeで広告が流されているのが特徴で、それで知って参加するという方が多いようです。

YouTubeというプラットフォームの信頼度も相まって、つい有料でも参加してしまうという方も多いそうですが…今回のように、やはりリスクは避けれれないので、情報をしっかり集めて判断されてくださいね。

まとめ

今回はSNSやYouTubeでも有名な案件「デジタル権利収入(ビヨンド)」について解説しました。

  • 出版ビジネスで権利収入獲得のハードルが高い
  • 初期費用498,000円、再現性も考えるとリスクも高い
  • 白沢式が提供していた過去副業案件の評判が悪いほか、偽名も確認できる
  • 知恵袋や口コミも参考の1つに

以上のことから、私の意見としてはデジタル権利収入(ビヨンド)の利用はおすすめはしませんが、多角的に捉えて判断しましょう。

また冒頭でもお伝えしましたが、実際に利益の出た副業情報の交換や、詐欺のような案件の注意喚起・情報共有などLINEアカウントにて行っています!デジタル権利収入(ビヨンド)以外の事でも構いませんので、ぜひ何か気になることがあれば友達追加の上いつでもお気軽に連絡をください。

LINE友達追加する

LINE限定オトクな情報あり!LINE友達追加
サトルから皆様に伝えたい事

私は「お金がない苦しい生活から抜け出したい」この一心で副業・ネットビジネスの情報に手を出しましたが、詐欺のような全く稼げない案件を何度もつかまされ200万円以上の借金を背負った経験があります。

実際そのような被害者は多いはず。ですが、稼げる情報や利益を安定して得ている人間は間違いなく存在しています。

  • なぜ自分ばかりこんな苦しい思いをしなければいけないのか
  • 世の中の詐欺師ばかりだ

正直借金を抱えている時はこのような考えに支配され、友達や家族との関係にもヒビが入っていたと思います。

私は現在月200万円~300万円程の利益で、まだ成功者とは言えないかもしれませんが、少なくともこき使われお金もくれないブラック企業は退職することができ、精神的な自由は手に入れることができました。

これも数々の失敗をしたからこそ・騙されたからこそと”今だから”言えるものの、現在進行形でお悩みの方の苦しみも痛いほど理解できます。私以上の被害にあわれている方も残念ながらいらっしゃるでしょう。

  • 本当に信用できる内容なのか
  • 稼ぐための再現性はあるのか
  • 何をどう努力して良いのか

情報の見極めは様々な知識が必要だからこそ、私の経験を一人でも多くに伝えたいと思いこのような情報発信をはじめました。今では記事の感想や、情報についての相談、お金や生活の悩みなどもLINEでいただいています。

人それぞれ目指す目標はもちろん違いますが、「生活にゆとりがでてきた」「借金を完済した」「親孝行で家をリフォームした」などのお声をいただくと、自己満足ながらこのような活動をはじめて良かったと本当に嬉しくなります。

噂では生活やビジネスのコンサルをすると言ってお金を更に出させようとする方もいるようですが、当然相談料やコンサル費用などはいただきません。

些細なことでも構いませんので、副業や生活でお悩みのことがあればぜひ私を頼ってもらえたら嬉しいです。

「この副業は稼げるのか?」「現状をどう打開して良いのか?」など抽象的な内容でも大丈夫です、ぜひお気軽にご連絡ください。

LINE友達追加する